お客様とのコーディネート契約

ホームページからお問い合わせいただいたご新築予定のお客様と
コーディネート契約を結びました。
土地建物の契約は施工会社様とすでに済まされており
これから仕様を決めていく、という段階でのご依頼でした。

コーディネート契約は、法人様でも個人の方でも、都度契約書を交わしています。

外部のコーディネーターがお客様側のスタッフとして付くことを嫌がる施工会社もあります。
なので一応、「綱木を打ち合わせに入れていいか聞いてみてくださいね」とお願いしましたら、OKという回答だったとのこと。(すんなりではなかったようですが。。。)

先日施工会社様にご挨拶に伺い、標準仕様や設計工期の説明を受けてきました。
私にとっては縁もゆかりもない初めての施工会社様ですし、受け入れてもらえるんだろうか、と正直心配でした。が、協力して良いお住まいを作りましょう、ということで一致しました。
ほんと良かった(笑)

「マイホームづくりはインテリアコーディネーターに相談しながら進めたい。」
そう思って私に問い合わせをくださり、施工会社に掛け合ってくださったお客様。
ありがたいことです。
頑張ります!

話は変わって。
世界中が先行き不透明なこの状況。
頭を抱えている方、心を痛めている方、多いと思います。私もそうです。

仕事がこの先どうなっていくんだろう、という心配、当然あります。
でも、今できることをコツコツとやるしかないですよね。
健康やエチケットに十分気を配りながら仕事をし、少しでも経済を回していく努力をしつつ、
こういう時だからこそ、勉強や読書の時間を多く持ちたいと思います。


それと、離れてい暮らしている家族のことがとても心配です。
誰もが今、大切な誰かのことを心配し、いろんなことを我慢し、
不安で「泣きたい気持ち」ですよね。
この気持ちを抱えたまま一体いつまで足踏みしてとどまっていなければならないんだろう。。。
それがわからないからとても怖いです。

都内は今日、季節外れの雪が降っているそうですね。
いつもは人であふれかえっているスクランブル交差点に人がいない、という映像を
ニュースで見ました。
雪が外出に歯止めを効かせたとしたら、まさに恵みの雪ですね。
感染爆発だけは起こらないでほしいと切に願います。


 

 

最近のスマホ画像から

国産の赤いビニール壁紙。
私には珍しいカラフルコーデ進行中です。
こういう真っ赤を壁紙として空間に取り入れるのは
プロでも勇気がいります(^^;)
けれど思い切ってドドーンとご提案してみます。

小高い丘の上にある現場。

そのさらに上へと登って
下界を見下ろす。
。。。たっ高い💦
実はわたくし、高いところが苦手です。
マンションの高層階なんて絶対に住みたくありません(^^;)
あっ!でも。お仕事となれば別です(^^♪
ご依頼くださいませ(笑)

ココハウス仙北展示場。

二人暮らしを想定したコンパクトハウス。
いよいよ今週末グランドオープンです。
コンセプトは「コーヒーの香りと音楽に包まれて暮らす SWEET HOME」。
以上、
最近のスマホの画像からピックアップしてみました。

ではまた来週。

 

 

ちょっとの工夫でオーダーメイド感がアップするカーテン。

今日はちょっとの工夫でオーダーメイド感がアップするカーテンの話し。

このカーテンは生地を選ぶとともに
次のことを指示しています。

・ひだは2倍ひだ ギャザー寄せ
・ギャザー上部30ミリ耳立てとする
・仕上がり上部から300ミリで生地切り替え(同シリーズ同価格)
・裾は三つ折り(小)
・裾は100ミリ長くする
・タッセルは舟形 上部の生地で作成とする

で、納期はどのくらいかかるか、金額はいくらか、など聞いて
カーテン総額で予算内になるように調整しています。

特別なことはしていません。コーディネーターなら普通によくやることなんです。
このような無地の生地でも、少し指示を加えることでオーダーメイド感がアップします。
コーディネーターを利用するメリットはこういうところにもあるんです。

私は、空間の中でカーテンが他のアイテムと相まって良い仕事をするように生地やスタイルを決めています。
この展示場をご覧いただければ、なぜこのスタイルでこの色なのか、わかっていただけると思います。
オープンしたら施工事例としてアップしますのでどうぞご覧くださいね。

お部屋のカーテン、展示場のコーディネートのご依頼など
お待ちしています(^.^)