ホテルみたいな寝室にする方法

(2017年8月にもこのタイトルでブログを書いたのですが
2021年時点でわたしが思う「ホテルみたいな寝室にする方法」を
具体的に書いてみました。)

ホテルみたいなベッドルームにしたいという方が
一定数いらっしゃいます。

ホテルみたいなとは
どんなベッドルームのことでしょうか。

まず、ホテルといってもいろいろありますよね。
私のお客様は
いわゆるシティホテルや、リゾートホテル、
海外でステイしたこじんまりとしたホテルをイメージして
「ホテルのような寝室」とおっしゃいます。
他にラグジュアリーホテル、クラッシックなホテルをイメージされる方もいらっしゃいます。
(余談:個人的に私は非日常を味わえるクラシカルなホテルが好きです)

ホテルではない宿泊施設、例えば民泊やゲストハウス、B&Bは、
個性的だったり家庭的なインテリアになっていて、それらも含めれば
ホテルライクなインテリア性は多種多様に広がっています。

なので、一概にホテルライクなインテリアはこう!とは言えないのですが
お客さまから「ホテルライクな寝室にするにはどうしたらいいですか」と問われたときに
お答えすることを今日は書こうと思います。

 

下の絵は、ホテルライクな寝室の説明用にささっと描いたスケッチです。
(ちなみにこういうスケッチは私の場合すごく小さく書きます。この絵で10㎝四方に収まる程度。なので線が太いのです(^^;))


ホテルライクな寝室づくりのポイントは

①床は木質系よりカーペット
②ベッドヘッド側に窓を設けない
③シーツやデュベカバーを白にする ピローはホテルサイズ
④壁にアートを掛ける
⑤ブラインドよりカーテン

⑥主照明は思い切って無くし、ブラケットライトまたはスタンドライト、フットライトのみとする

それぞれ簡単に説明しますね。

①ホテルの床は圧倒的にカーペット敷きが多いです。カーペットには吸音効果や衝撃を和らげる効果があるからです。上質なウールのカーペットをお勧めしたいのですが、結局フローリングにされる方が多いのは否めません(^^;) 
②よほど広いホテルの部屋でない限り、窓は一方向。ベッドヘッド側には窓が無いのが普通。
窓があることで外部の音や光の影響を受けやすく、安眠を妨げる要因になります。新築の際は間取りと同時にベッド配置を吟味してください。

③白がスタンダード。ホテルサイズのピローは実際に使わなくていいので(飾りでいいので)用意してください。
④アートはマストです。
⑤裏地をつけ遮光性を持たせたカーテンが良い。腰窓でも床まで下げる。

⑥ホテルライクな寝室の照明で
 ※照明を天井に一灯だけ
 ※ダウンライトいっぱい
この二つはNGです。
 ※間接照明に関しては意見が分かれるところだと私は思っていて
すっきりと整然とした寝室が好みなら取り入れるといいと思います。
一方で海外の古いホテルの雰囲気にしたい場合は
フロアランプやブラケットライトを数台使って、小さい明かりを組み合わせることをお勧めします。

事例
ラグジュアリーホテルのような寝室
(間接照明によるアッパーライトとブラケットライトによる手元灯)

事例
カジュアルなシティホテルのような寝室

(ブラケットライトと足元にダウンライト)

事例
リゾートホテルのような寝室

(火打ち梁を利用した間接照明と足元を照らすダウンライト。ダウンライトはグレアレスタイプで。)

あれ?マストと言っておきながらアートが飾られている写真が無いことに今気が付きました(^^;)

事例
アートを壁にかけたシティホテルのような寝室

(窓を真ん中ではなく左右に振り分け、壁の中央にアートスペースを設けています。間取りの設計段階から窓と壁量、ベッド、照明、アートを計画しています。)

もう一つ、ホテルライクな寝室にお勧めするのは
⑦前室またはそれに準じるスペースを設ける
です。

⑦については改めて
お伝えしようと思います。

え?いつも話が長い?
大変失礼いたしました~~~~(笑)

では今日はこの辺でm(__)m

 

小学生女子の部屋

滝沢市にご新築されたO様邸。
小学生のお嬢様のお部屋をご紹介します。

【PRINCESS ROOM】

白系の床、パープルピンクの壁紙。
ドット柄のレースカーテン。
コドモ過ぎず、ほのかに甘いコーデでまとめました。

ベッドリネンはお施主様自身で買ってこられたのですが
レースカーテンのドット柄と被らないように
お花柄とストライプ柄をお選びになるところが素晴らしい!


レースカーテンは
リボンタッセルでふんわりと束ねます。

ふんわりという感じは、カーテンのひだを倍にすることで
可愛らしいという感じは、ギャザー寄せにすることで
それっぽく見せています。
ふんわりカーテンいいなと思ったら是非真似してください♬

照明。
壁にPRINCESSROOM御用達のブラケットライト。


白い床、白い家具。
明るくて清潔感があり
STAYHOMEがむしろ楽しくなりそう♡

壁を飾ったりドレッサーを置いたり
お子様自身の感性でお部屋に手をかけ、どんどん進化してほしいと思っています。

事例紹介~S邸

照明プランとカーテン工事を手掛けさせていただいた
S様邸。
猫ちゃんと暮らす家です。


テレビボード周りの造作は、照明プランに絡めて提案しました。

これから家づくりをお考えの方には
間取りと照明計画を同時に進めることをお勧めします。

照明計画は住みよい家づくりの肝です。
壁紙選びや家具選びより
照明こそ、プロの手を借りて計画しましょう。

フェヴリエは照明計画だけでもお受けしています。
ご新築やリフォーム問わず
間取りを確定させる前に是非お問い合わせください。

S様邸設計施工:ナチュラルセンス
画像はスタッフの方が撮影したものをいただきました。上手!

さて、今年は公私ともに大変な一年でしたが
仕事だけは恵まれた一年でした。

最後まで気を引き締めて
出来ればコロナをやっつけて
1年を締めくくりたいです。